マーケティング

ブラックサンダーの義理チョコ戦略から学ぶUSPの考え方

こんにちは、よしたかです。

今日は誰もが一度は食べたことのありそうな
「ブラックサンダー」についての超すごいマーケティング戦略について
お話していきます。

 

ちょうど1週間前にバレンタインデーは
終わってしまいましたが、
例年通り今年も盛り上がってましたね。

「自分に関係合ったのか?」
と考えるとぐぬぬ・・・

 

さてさて、
そんなバレンタインデーでは
とてつもないお金が動きます。

バレンタインデー1日だけの
推定市場規模は1300億円ともいわれたりしてます。

 

そんなわけだから、
チョコレート市場っていうのは
常にレッドオーシャンなわけです。

 

色んな味、色んな食感のチョコレートが出され、
メーカーは売れるチョコを作るために

常に競争しあってます。

 

しかし、マーケティングを活用して
一人勝ちしている企業があるんでよねこれが。

 

それがブラックサンダーを製造している有楽製菓㈱です。

 

美味しいですよね、ブラックサンダー。
受験勉強の夜食でよく食べてました。

ちなみに有楽製菓のHPにはブラックサンダー専用のサイトが用意されててなかなか面白い↓

 

だけど、バレンタインデーにおいて
ブラックサンダーは主役になれません。

ゴディバとか、ロイズ、和光のチョコレートが主役なわけです。

 

本命チョコでブラックサンダー渡すのは
なんか違いますよねw

でも、1300億円も動く市場に参加できないのは痛い。

 

どうしたらいいんだろうかって考えて考えて生み出したのが、
「義理チョコ戦略」なわけです。

 

本命チョコになれないんだったら、
義理チョコとして買ってもらいたい!

という方向にかじを切ったんですね。

 

だからバレンタインデーにおける
ブラックサンダーのキャッチコピーは

「ひと目で義理と分かるチョコ」

と題してます。

 

 

つまり、わざわざ競合他社がひしめくレッドオーシャン(=参入が厳しい市場)
を狙っていくよりも、

義理チョコというブルーオーシャン(=参入が容易な市場)
に突出することで、

そこの顧客を囲って
爆発的な消費を作り出すことに成功しました。

 

 

こうした自社にしか持てない強みのことを、
マーケティング用語でUSPと呼びます。

USPとは
「Unique Selling Position(=ユニークセリングポジション)」
のことです。

・Uniqueとは、「独特な」

・Sellingとは、「売り込む手段」

・Positionとは、「提案」

 

これらの頭文字をとってUSPです。

 

このUSPを作ることが、
マーケティングにおけるブランド構築では
とても大事になんですね。

 

ちなみにですが、
このUSPを最強レベルで作れている企業こそディズニーです。

この辺いろいろ探求してみると面白いですよ。

 

 

話を戻すと、

ブラックサンダーはふだん義理チョコに使うチョコは
何でもいいと思っている女性たちに、

「これをあげれば一発で義理チョコと分かってもらえていいですよ!」

って提案をしたわけです。

 

それ以降、義理チョコを買うならブラックサンダーだよね
っていう風潮が広まり、

結果的にバレンタインデーという競争の激しい市場において
安定した売上を出す事ができるようになりました。

 

高級チョコ路線を切り開くゴディバとかには出来ない戦略ですよね。

 

だってゴディバが義理チョコ用にチョコ作りました!
なんて言っても、
顧客はそんなの求めてないわけです。

ゴディバというブランドの
高級チョコに魅力を感じるから買うわけで、
安い義理チョコを作っても売り上げるを立てるのは難しい。

 

だから去年ゴディバは
「義理チョコをやめよう」広告を出して話題を呼びました。

 

あれも裏の意図を読めば、
ゴディバとしては義理チョコに流れる層をなんとか
こっち側に呼び戻したいと考えての戦略と考えてます。

 

こういった広告をなぜ打つのか?

ターゲットは誰なのか?

誰になんの想いを届けたいのか?

 

マーケティングを勉強すると
相手の意図が分かるようになってくるので、

視点が広がってめちゃくちゃ楽しくなります。

 

そして、世の中の企業と言うのは
マーケティングを上手く活用できてない企業がほとんどです。

 

マーケティング事業部なんていうのは名前だけの
なんちゃってマーケティング事業部ってたくさんあります。

まぁそもそもマーケティングが出来る人材って
日本じゃ育たないので仕方のないのかもしれませんが。

 

だからこそ、マーケティングをきちんとできる人は強い。

 

しかもマーケティングってコスパ最強です。

弁護士のように難しい資格を取らなくても、
一度勉強して身につけてしまえば永遠のスキルとなるわけです。

マーケティングができる人は引く手あまたなので
ぜひ勉強していきましょう。

 

それでは今日はこのへんで。

 

補足

「資格って儲かるの?」という記事を書きました。

ぜひ感想なりください。

ーーーーーーーーーーーー

僕はいま26歳で、メーカー営業をしつつビジネスやマーケティングを学んでいます。

失敗するのが嫌で、人生におけるいろいろな挑戦から逃げ続けていたら スキルなし、自信なし、仕事もクビになるダメ人間になっていました。

個人の時代が始まりつつある今、 知らない誰かの人生ではなく自分だけの人生を歩みたいと考えた結果、

インターネット1台で自由に稼げる ネットビジネス起業家になろうと決意しました。

僕がネット起業するまでの物語とこのブログに込める理念はこちら

ブログでは書ききれない裏側の話は無料メルマガで発信中です。

僕がこれまで300万円かけて学んできた「個人が自由な人生を送るための資産を作る方法」や、 業界最先端のビジネスを体系的に学ぶための知識を発信中。

期間限定で「仕組みを作って個人が自由を手に入れるまでのロードマップ」をプレゼントしています。

▶ 読むだけで「人生がどんどん自由になる」よしたかのメルマガはこちら