ビジネス

レバレッジを使い倒して労働収入の壁を超えよう!

こんにちは、よしたかです。

今日書くのは「レバレッジの重要性」についてです。

この言葉はかなり大事なので覚えておきましょう!

 

まず簡単に言うと、
レバレッジとは「テコの原理」だと認識しておいてください。

 

ではこのレバレッジをかけるとはどういうことなのか?

 

これはインターネット上に存在する
ツールやシステムを使うことによって、

自分ひとりの力では到底出来ない作業を
ネット上の分身たちに働いてもらい、
事業における利益率をどんどん高めていくこと。

 

もっと簡単に言えば、
1の力を10にも100にも1000にもしていくって感じですね!

 

たとえばですが、
僕はアフィリエイトをしています。

 

アフィリエイトの流れは、

→発信する分野を決める
→必要な情報をリサーチ
→キーワードを決めて記事を書く
→アフィリエイトしたい商品を貼る
→売れて報酬ゲット

といった感じです。

 

これ、もちろん自分ひとりで完結できるからこそ
アフィリエイトは副業のキッカケとしてオススメなんですが、

記事を書くという部分は
わざわざ自分で書く必要はありません。

 

クラウドワークスやランサーズといったサービスを使えば、
お金さえ支払えば自分の代わりに記事を書いてくれる外注さんを
探せるといったサービスもあるのです。

1記事500円で書いてもらい、
2000円のアフィリエイト報酬が出れば

働かずとも1500円の利益を生み出すことが出来ますよね。

 

また、一度書いてもらった記事はいつまでも残り続け、

更に利益を生みだすので最初にかかる外注費500円をのぞけば
それ以降に儲かったお金はあなたの自動収入となります。

これがレバレッジを掛けるということ。

 

こういった集客→教育→販売(=DRM)までの仕組みを
ネット上にたくさん作り続けていくと、

資産となる自動収入は何十万、何百万へと膨らんでいきます。

 

いやほんと、今の時代に生まれて超感謝です。

 

一昔前までは階級移動が超絶困難でした。

戦国時代を除けば、

日本では、百姓の親から生まれれば子は百姓、
将軍の親から生まれれば子は将軍でしかありませんでした。

突然百姓の子が将軍に取り立てられることなんて
万が一にもありません。

 

ですが、現代の日本はインターネットの登場によって、

どれだけ家が貧乏だろうが、
親がいなかろうが、
障害があろうが、

簡単に上流階級への移動ができます。

 

これも全てインターネットの発達のおかげ。

まぁ、だからこそ僕もこうして情報発信出来ているわけです。

 

あれ?
なんだか話が脱線してました。笑

えっと、話を戻すと、
「ビジネスをしていくうえでレバレッジがかけられるところは
どんどん自動化しようぜ!」
ってのが大事。

 

もしあなたが今、

何らかのメディアを持っているなら、
自動化出来るところを一度探してみましょう。

 

意外と、
「あ、ここもしかして自動化できるかもしれない・・・!」
って発見があると思います。

現に、Youtubeを自動化して
月収100万以上稼ぐ人はわんさかいます。

 

とにかく、自分がやらなくても良いところは全て外注化しましょう。
(※初心者は最初からやらなくてもOK)

ここに、完璧主義マインドが登場してくる人もいそうですが、
完全な自動化、真の自由をめざすなら避けては通れない道です。

 

結局自分で作業しているうちは、
サラリーマンと同じ労働型収入なんですよ。

 

自分の時間を増やして好きなことをやっていくためにも、
レバレッジをかけて権利収入(=完全自動化収入)への移行を
オススメします。

 

それでは今日はこのへんで。

 

ーーーーーーーーーーーー

僕はいま26歳で、メーカー営業をしつつビジネスやマーケティングを学んでいます。

失敗するのが嫌で、人生におけるいろいろな挑戦から逃げ続けていたら スキルなし、自信なし、仕事もクビになるダメ人間になっていました。

個人の時代が始まりつつある今、 知らない誰かの人生ではなく自分だけの人生を歩みたいと考えた結果、

インターネット1台で自由に稼げる ネットビジネス起業家になろうと決意しました。

僕がネット起業するまでの物語とこのブログに込める理念はこちら

ブログでは書ききれない裏側の話は無料メルマガで発信中です。

僕がこれまで300万円かけて学んできた「個人が自由な人生を送るための資産を作る方法」や、 業界最先端のビジネスを体系的に学ぶための知識を発信中。

期間限定で「仕組みを作って個人が自由を手に入れるまでのロードマップ」をプレゼントしています。

▶ 読むだけで「人生がどんどん自由になる」よしたかのメルマガはこちら